1. トップページ
  2. 産学・企業間連携支援事業

産学・企業間連携支援事業 Alliance for Growth

イノベーション創出に向けた産学連携をお手伝いします

新事業開発・アライアンス助成事業

  • 申込書をダウンロード
  • 募集要項をダウンロード

 本事業は、東北7県(新潟県を含む)に主な事業所を置く企業と大学等とのコーディネートを通じて、東北地域の企業の競争力を強化することを目的としています。

支援の特徴点

  1. 申し込みはいつでも受付けしております。採択は年4回行います。
  2. 支援決定後、速やかに50万円を概算払い(前払い)します。残額は、支援期間中間時期の評価にて決定致します。
  3. 課題解決に向け、専門分野に精通した専門家を派遣します(無料)。

支援の流れ

助成申込書の提出

助成申込書をご提出頂きます。

コーディネーターが御社を訪問

御社の技術開発案件について、内容を詳しく確認させていただきます。

産学連携タスク・チーム会議に付議

担当コーディネーターによる審査の上、会議でプレゼンテーションを行っていただきます。

本格支援

支援が決定した場合、1年間のサポートを行います。

主な支援実績(2011年4月~2016年3月)

  • 助成件数 42件
  • これまでの助成先の紹介(一部)
    • 「ILC加速空洞用新規電解研磨液の開発と条件最適化」  【マルイ鍍金工業(株)(青森県)、岩手大学】
    • 「冷凍棒寿司の再冷凍時の白蝋化防止法に関する研究」  【(株)ディメール(青森県)、(有)こむぎ工房、東北大学】
    • 「乳酸菌『白神ささら』を使用した商品の機能性の研究」  【白神手づくり工房(有)(秋田県)、秋田大学教育文化学部】
    • 「光透過性及び不燃性及び安全性に優れた複合材の研究開発」  【(株)宮城化成(宮城県)、産業技術総合研究所東北センター】
    • 「CFRP補修用自動スカーフサンディング装置の開発」  【(株)倉元マシナリー(宮城県)、宮城県産業技術総合センター】
    • 「山廃酒母からの有用微生物の分離選択と新商品開発」  【(株)鈴木酒造店(福島県)、福島県ハイテクプラザ】
    • 「車両搭載加速度センサーデータ可視化によるインフラ劣化診断技術の開発」  【(株)toor(福島県)、東北大学】

ナチュラル・イノベーション・コーディネーターチーム

 ナチュラル・イノベーションとは、農林水産資源を活用した事業を行う産業において、地域の科学技術や産業技術、ノウハウの活用、または、新しい市場への展開によって、従来よりも付加価値の高い新商品・新製品・新サービスを創出することです。

ナチュラル・イノベーション・コーディネーターチーム

  • 沿岸部の水産加工会社の復旧状況視察
    沿岸部の水産加工会社の復旧状況視察…鯖加工ライン(八戸市)
  • 閖上アカガイの陸上養殖に関する事業化研究
    閖上アカガイの陸上養殖に関する事業化研究…東北大学(木島 明博教授)

サポートに関するお問い合わせ

このページのトップへ