1. トップページ
  2. セールス・マッチング支援事業
  3. 東北地域の車を考える会

セールス・マッチング支援事業 Sales for Growth

完成車メーカーとの共同開発のスタートをお手伝いします

東北地域の車を考える会

  • 申込書をダウンロード
  • 資料をダウンロード

 本事業は、次世代自動車の開発に向けて、東北7県(新潟県を含む)に主な事業所を置く企業と完成車メーカーとのコーディネートを通じて、東北地域の企業の競争力を強化することを目的としています。

支援の特徴点

  1. 完成車メーカーの開発、調達部門に対するプレゼンテーションの場を作ります。
  2. 担当コーディネーターが御社を訪問し、プレゼンテーション準備の支援を行います。
  3. 完成車メーカーからの次世代自動車等への取組状況のプレゼンテーションの場を作ります。

支援の特徴点

プレゼンテーション申込書の提出

完成車メーカーへのプレゼンテーションに向けた申込書をご提出頂きます。

コーディネーターが御社を訪問

御社の商品・技術について、内容を詳しく確認させていただきます。

完成車メーカーへのプレゼンテーション
担当コーディネーターによる審査の上、プレゼンテーションを行っていただきます。

実績(2010年8月~2016年3月、前身組織・東経連事業化センターの実績を含む)

  • 完成車メーカーに対しプレゼンテーション実施企業200社以上、情報交換会参加企業累計250社以上。
  • 地域版「東北地域の車を考える会」も東北7県の主要都市で開催。

支援スキーム

 完成品のみならず、将来自動車へ応用可能性のある電気・医療・航空・環境・IT分野の幅広い企業や大学等の新技術・新工法の紹介を通じて、東北7県の企業や大学等と完成車メーカーとのニーズとシーズをマッチングする仕組を構築する。

第1部:完成車メーカー向けプレゼンテーション
東北7県の企業/研究者が、完成車メーカーに対して開発途上から完成品までの新技術・新工法プレゼンテーションを行う。
第2部:次世代自動車技術に関する情報交換会(第1部終了後の夕方・約2時間)
完成車メーカー側からの「次世代自動車技術等に関する講話」実施や、各出席者間での情報交換を行い、第1部提案者輩出を目指す。

支援スキーム

技術提案までの例(専門家が最適な方法を提案)