1. トップページ
  2. 事業化ノウハウ集
  3. 知的財産ノウハウ集

事業化ノウハウ集

知的財産ノウハウ集

1. 特許出願前に論文発表してしまい、特許化の権利を失ってしまう。

 特許を受けるための要件の一つに新規性があります。新規性とは、発明が先行技術のものではないこと、すなわち、従来公開されていた技術そのものではないことを指します。論文発表してしまうと、特許出願前に従来公開した技術となり、特許を受けることができなくなります。

 しかし、刊行物への論文発表等によって自らの発明を公開した後に、その発明について特許出願をしても一切特許を受けることができないとすることは、発明者にとって酷な場合もあり、また、産業の発達への寄与という特許法の趣旨にもそぐわないといえます。

 発明の新規性喪失の例外規定の適用を受けるためには、発明を公開した日から6月以内に特許出願を行なうことや、公開の形態が刊行物への発表や特許庁長官の指定を受けた学術団体が開催する研究集会での発表等に限られることなど、特定の要件を満たしていることが必要です。

お問い合わせ

事業化ノウハウ集に戻る

  1. トップページ
  2. 事業化ノウハウ集
  3. ブランドノウハウ集

事業化ノウハウ集

ブランドノウハウ集

1. ネーミングを乱立させ、ブランド資産が蓄積しにくくなる。

 中小企業1社が顧客の心に印象を残せるネーミング等の数は限られています。新しい製品を出すたびに、ブランドネームをつけると、コーポレートブランドが顧客の心に十分に印象を残せなくなることもあります。

 コーポレートブランドをしっかりと顧客に知覚させながら、新製品のネーミングを検討する必要があります。

お問い合わせ

事業化ノウハウ集に戻る

  1. トップページ
  2. 事業化ノウハウ集
  3. セールスノウハウ集

事業化ノウハウ集

セールスノウハウ集

1. 営業担当者の名詞に個人のメールアドレス、電話番号を入れないため、商談が入らない。

 代理店の担当者は、メーカーの担当者の携帯に直接電話を入れる、または、個人のメールアドレスに連絡を入れながら、起動的に仕事を進めることが一般的です。

 名刺にこれらの入っていないと、商談セットに時間がかかり、商談そのものが自然消滅する事例が数多くみられます。

お問い合わせ

事業化ノウハウ集に戻る

  1. トップページ
  2. 事業化ノウハウ集
  3. マーケティングノウハウ集

事業化ノウハウ集

マーケティングノウハウ集

2. 直販、一次卸、二次卸など、流通の長さにあわせた価格戦略を行わないため、 自社製品同士が足を引っ張り合う。

 メーカーから最終消費者までの間に3段階の入るケース1(一次卸、二次卸、販売店)と一段階のケース2(販売店のみ)の場合、ケース1の一次卸、ケース2の販売店にメーカーから同じ価格で販売してしまう事例が散見されます。この場合、ケース1の一次卸は不公平感から販売を放棄することになります。

お問い合わせ

事業化ノウハウ集に戻る

  1. トップページ
  2. 事業化ノウハウ集
  3. マーケティングノウハウ集

事業化ノウハウ集

マーケティングノウハウ集

1. 販売ターゲットを明確にしないため、自社製品同士が足を引っ張り合う。

 同じ商品をプレミアム・マーケット、普及マーケットの両方に市場投入する際に、パッケージや流通(通販、百貨店、ドラッグ等)を変えずに市場投入すると、プレミアム・マーケットでの競争力は弱体化してしまいます。特に、プレミアム・マーケットに向いている商品を普及マーケットに投入する場合、普及マーケットがブレイクしないと、全ての市場を失ってしまう危険性すらあります。

 販売ターゲット(マーケティング用語はSTP)を明確にして、それに応じた製品(パッケージ、ネーミング等)、価格、流通、プロモーションの方法を戦略的に実施することが極めて重要です。

お問い合わせ

事業化ノウハウ集に戻る

コンテンツ配信