支援事業NEWS No.21

 東経連ビジネスセンターでは、「経営戦略」「マーケティング」「セールス」「グローバル」
などの各分野の第一線でご活躍中の、学識経験者や実務経験豊富な専門家の講師を
お招きした、ビジネス講座を毎年開催しております。
 今年度も、20~30名程度のゼミ形式にて、より実践的な内容で開催する予定です。
 参加ご希望の方、ご連絡をお待ちしております(いずれも定員先着30名様まで)。

◆第1回 石巻開催
 【日 時】 : 平成26年2月4日(火)15:00~17:00
 【会 場】 : 石巻商工会議所 2階会議室
 【テーマ】 : 酒と魚による震災復興・輸出振興を考える
          ~世界遺産和食とミラノ万博の可能性~
 【講 師】 : 株式会社日本経済研究所 地域本部長 佐藤淳氏
 【その他】 : 定員先着30名、事前申込制、参加費無料

◆第2回 山形開催
 【日 時】 : 平成26年2月7日(金)14:30~16:00
 【会 場】 : 山形テルサ 会議室
 【テーマ】 : 東北発地域資源ブランド化戦略 =全国展開プロジェクト事例=
 【講 師】 : ブレイントラストアンドカンパニー株式会社 社長 大志田典明氏

No.28 「台湾企業訪日団による商談交流会」

この度、中華民国三三企業交流会(以下、三三会)をはじめとする台湾企業訪日団が、東北地域の企業との交流を目的に、東北地域をはじめて訪問しました。

No.27 「工業技術研究院(ITRI)の徐院長が来仙」

10月30日~31日にかけて、世界有数の研究機関である、台湾の工業技術研究院(ITRI)の徐院長をはじめ、日本事務所の邱所長、鄭プロジェクトマネージャーが、東日本大震災からの復興に向けた協力と、東北地域との連携を強化するべく、仙台を訪問しました。

No.26 「11月の「買おう!東北『チャレンジボックス』」は岩手県特集」

11月の「買おう!東北『チャレンジボックス』」は岩手県特集
 東経連ビジネスセンターでは、『買おう!東北』運動の一環として、東北ろっけんパーク(http://tohoku-rockenpark.com/)2階に8月から「買おう!東北『チャレンジボックス』」を設置しております。

No.23 ㈱サンシンが、台湾を訪問して地元企業と商談を行いました。

 

平成259月、㈱サンシンが、東経連ビジネスセンターのグローバル・ビジネス支援事業を活用して訪台し、液晶大手のAUOCPTInnoluxや、世界有数の研究機関である工業技術研究院(ITRI)をはじめとする計14社の企業等と商談・PRを行いました。

No.16 「2013台湾・東北中小企業ビジネス連携商談会を開催」(25年5月) 




『2013台湾・東北中小企業ビジネス連携商談会』



5


28日(火)に、台湾の台北市において開催された『2013台湾・東北中小企業ビジネス連携商談会』に、東経連から推薦した『㈱アイカムス・ラボ』『引地精工㈱』『㈲サワ』をはじめ、東北地域のハイテク系ベンチャー企業等8社と共に参加しました。 


No.15 「地域版 車を考える会(山形市)を開催」(25年5月) 

≪東北地域の車を考える会の地域開催を行いました(平成255月)≫                                       


次世代自動車に関する新規事業の創出(東北企業の次世代自動車産業への参入)を目的に完成車メーカーへの個別技術提案と情報交換会行う「地域版の車を考える会」を、山形市で開催しました。

支援事業NEWS No.14

東経連ビジネスセンターの平成25年度新事業開発アライアンス助成の第1回締切は、

5月14日(火)となっております(採択は6月下旬)。

No.13 「山東省 青島市・煙台市訪問」(平成24年8月) 

≪山東省 青島市・煙台市訪問し、連携に向けた調査を行いました(平成248月)≫ 


東経連ビジネスセンターでは、「ナチュラル・イノベーション支援事業調査」報告書(平成246月)における3つ目の推進戦略として「農林水産資源をベースにした成長する東アジア市場への進出強化」を掲げており、そのメインターゲット地域を農林水産加工業が集積する山東省としております。

コンテンツ配信